• Di U
  • 高倍率ズーム

16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO

Model-B016

77,220円(税込)
3861pt
※ ソニーAマウント用は手ブレ補正機構「VC」は搭載しておりません。
  • 特長
  • 仕様
  • ■■■タムロンオンラインストア限定2年間保証(メーカー保証1年+オンラインストア保証1年)■■■

    16mmから300mmまでをカバーする、驚異の「約18.8倍」ズーム。手ブレ補正機構「VC」、快適なAF機構「PZD」搭載。

    “高倍率ズームのパイオニア”として革新的なレンズを開発してきたタムロンによる、究極の高倍率ズームレンズです。広角側16 mmから望遠側300 mmをカバーしながらも、コンパクトなボディサイズを達成。最短撮影距離は0.39mでマクロ撮影にも対応しています。

    ▶『EISAアワード/European DSLR Zoom Lens 2014-2015』を受賞しました。


    おすすめコンテンツ

    『超広角・超望遠で鉄道風景写真を撮る』広田 泉
    標準的なズームレンズでは表現出来ない、超広角・超望遠レンズでの作品世界を、鉄道写真の撮り方ワンポイントを交えて教えていただきました。それでは、広田 泉 氏の作品をご覧下さい。
    →続きはこちらから

    『山本弘之with 16-300mm F/3.5-6.3 Dill VC PZD MACRO(Model B016)』 山本 弘之
    16-300mmの高倍率ズームレンズ、コンパクトなボディサイズに秘められた機能、発売以来愛用しているこのレンズの魅力を改めて見直してみた。まずは、16mmから300mm、18.8倍の作例から。横浜港の岸壁から大桟橋に停泊していた、85.619t、全長292.56mの大型客船を16mmで撮影、歪みも少なく、空の色のグラデーションも綺麗に表現出来た。
    →続きはこちらから

    『宮城谷 好是 with 16-300mm F/3.5-6.3 Dill VC PZD MACRO(Model B016)』宮城谷 好是
    今年はたくさん旅をするぞー!と思っていたら、春先から1ヶ月間取材で西日本各地へ。その後、書道家の撮影で訪れたペルー・ボリビア、プライベートで娘と出かけたアイスランド、写真教室の生徒さんと行った夏の沖縄・黒島など念願が叶っていろいろと旅をする機会に恵まれた。これらの旅の相棒となって写真やビデオの撮影に応えてくれたのが16-300mm。
    →続きはこちらから

    『高柳傑 アルパインクライミング in アラスカ』 高柳 傑
    皆さん、はじめまして!山岳写真家の高柳傑(たかやなぎ・すぐる)です。まず自己紹介に代えて、私が今年5月に行ったアラスカでのアルパインクライミングのことを書いてみたいと思います。アラスカの氷雪壁をまとった美しい山の姿を、多くの方に見ていただけたら嬉しく思います。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第11回』 阿部 秀之
    出港したイタリアのジェノアに戻ってきました。12日間の船旅は長いなぁーと思っていましたが、毎日が楽しいのでアッという間に終わってしまいました。日が昇るのと同時くらいにMSCファンタジア号はジェノアに入港します。ベランダに出てみると出発のときとはちがってよく晴れています。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第10回』 阿部 秀之
    最後の寄港地は、イタリアのチヴィタヴェッキアです。日本人にはまったく馴染みのない地名だと思いますが、私は以前も別の船で寄港したことがあります。なぜならチヴィタヴェッキアは、ローマの北西約59キロのところにあり、ローマから船に乗る場合、もっと近い港はこのチヴィタヴェッキアなのです。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第9回』 阿部 秀之
    今日の寄港地は、スペイン南部アンダルシア地方のマラガです。マラガと聞くと最近はサッカーのマラガCFを思い浮かべる人が多いかもしれません。スペインのサッカー人気はすごいです。でも、今日のマラガ観光はサッカーとは関係なく、ローマ劇場からスタートします。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第8回』 阿部 秀之
    今日はポルトガル領マデイラ島に寄港します。この島には10年ほど前に1週間ほど滞在したことがあります。桟橋がよく見えるホテルに宿泊しました。そのとき毎朝のように大型の客船が入港して、夕方に出港していくのを見て船旅に興味を持ったのです。そして、いつか船でこの島に来てみたいと思ったのです。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第7回』 阿部 秀之
    今朝はスペイン領カナリア諸島のテネリフェ島に寄港します。船に乗って6日目。ちょうど折り返し地点になります。テネリフェ島は火山の噴火で作られた島で、標高の高い山があり、眼下に広がる景色は素晴らしいと聞いています。さて、どんな1日になることでしょう。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第6回』 阿部 秀之
    船はモロッコのカサブランカに寄港します。チュニジアのチェニスには行ったことがあるのですが、モロッコは初めてです。カサブランカといえば、ハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンの映画「カサブランカ」が思い出されます。カーサは家。ブランカは白を意味します。つまりは白い家ですね。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第5回』 阿部 秀之
    バルセロナを出港したMSCファンタジアは、モロッコのカサブランカを目指しています。長距離なので、今日は終日航海です。船の中で1日をどう過ごすかは、乗客の自由です。することがなくて飽きてしまうのでは? と心配する人も多いのですが、船側でもさまざまなイベントを企画して、楽しく過ごせるように工夫しています。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第4回』 阿部 秀之
    船旅というとずっと船で移動しているようなイメージですが、実際にはあちこちに寄港しながら旅をしていきます。自分はせっかちだから船旅には向かないのでは、と思っている方。ご安心ください。最初の寄港地は、スペインのバルセロナです。前夜に翌日の寄港地を紹介したり、出航時間を明示した船内新聞が配られます。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第3回』 阿部 秀之
    いよいよ船に乗る日です。ラ・スペツィアからジェノアまでは特急だと1時間とちょっと。ジェノア駅から船の乗船ターミナルまではタクシーで5分。今回利用する船会社はイタリアのMSCです。とても歴史のある船会社で、個人所有の船会社としては世界最大だそうです。一昨年乗って気に入ったので、またMSCを選びました。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第2回』 阿部 秀之
    チンクエ・テッレの5つの村には、それぞれ名前があります。ラ・スペツィアからジェノア方向に向かって以下の通りです。1.リオマッジョーレ 2.マナローラ 3.コルニリア 4.ヴェルナッツァ 5.モンテロッソ・アル・マーレ それぞれの村は似ているようで異なり特色があります。今回は両端の2つの村を訪ねてみました。リオマッジョーレはもっとも大きい村です。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅16-300mm 第1回』 阿部 秀之
    世界遺産のチンクエ・テッレは、日本でも知られている存在だと思います。斜塔で有名なピサの近く、海に面した入り江にある5つの村。色とりどりに塗られたカラフルな外壁が可愛らしいです。一度は行ってみたいという知人も多くいます。確かに素晴らしいところです。
    →続きはこちらから

    『阿部秀之の客船に乗って撮る旅』 阿部 秀之
    先日ヨーロッパへ行ってきました。今回の旅の目的は船。はい、いまとっても流行の客船の旅です。イタリアのジェノア(ジェノバ)から乗船して、カナリア諸島のテネリフェ島まで行き、またジェノアへ戻ってくる12日間のコースです。ただ、いきなり船に乗っては面白くないので、1週間ほど早くイタリア入りし、ジェノアの近くを散策することにしました。
    →続きはこちらから

  • JANコード 【ニコン用】4960371005836
    【キヤノンEFマウント用】4960371005829
    【ソニーAマウント用】4960371005843
    希望小売価格 (税抜) 87,000円
    焦点距離 (mm) 16-300
    開放F値 (F) F/3.5-6.3
    最短撮影距離 (m) 0.39 (ズーム全域)
    最大撮影倍率 1:2.9
    フィルター径 (φmm) 67
    質量(重さ) (g) 540
    最大径x長さ (mm) φ75×99.5
    【付属品】フード 花型フード(HB016)
    【付属品】ケース なし
    【付属品】三脚座 なし