• Di
  • 望遠ズーム

100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD

Model-A035

話題の新製品
11月16日発売
83,700円(税込)
4185pt
  • 特長
  • 仕様
  • ■■■タムロンオンラインストア限定2年間保証(メーカー保証1年+オンラインストア保証1年)■■■

    高画質・AF精度・機動力。望遠に求められる全てを凝縮。eBAND コーティングが可能にしたクリアな一枚。

    どこまでも美しく。どこまでも正確に。どこまでも軽やかに。100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)は望遠撮影に求められる全てを叶えた一本です。
    望遠側で発生しやすい色収差を抑制するため、3枚のLD(異常低分散)レンズを配置。さらに、タムロン独自のeBAND (Extended Bandwith & Angular Dependency) コーティングを採用することで、クリアでヌケの良い画質を実現します。また、AFが対象を素早く捕捉するので、どんなシャッターチャンスも逃しません。高い画質を維持しつつ機動力を高めるため、鏡筒部材の一部にマグネシウムを採用。クラス最軽量*1,115gを達成しました。簡易防滴や防汚コートも搭載しており、屋外撮影でもフットワーク軽く被写体を追うことができます。
    *35mm判フルサイズ対応のデジタル一眼レフカメラ用100-400mmクラスのレンズにおいて(2017年10月現在。タムロン調べ)。


    おすすめコンテンツ

    『写真家 阿部秀之の100-400mmとSP 24-70mmで撮る、スリランカ、ピンナワラの象の孤児園』
    3月末にドバイから横浜へ約1カ月かけて向かう大型客船MSCスプレンディダ号に乗りました。途中の寄港地にスリランカがありました。スリランカはインド南部のインド洋に浮かぶ島です。旧称セイロン。紅茶で有名です。
    →続きはこちらから

    『夜景写真家 岩崎 拓哉氏がタムロン100-400mmで撮る川崎・横浜の工場夜景』
    工場夜景撮影の現場では、およそ半数以上の作品を望遠レンズで撮る機会が多く、これまで70-300mm F/4-5.6 Di VC USD をメインで使っていましたが、300mmの望遠でも時々、望遠側が足りないシーンがあり、400mmのアドバンテージを思い知らされ…
    →続きはこちらから

    『写真家 桃井 一至が超望遠100-400mmで撮る動物園』
    いつも気持ちを癒やしてくれる動物たち。その魅力にひかれると誰もが「画面いっぱい大きく撮りたい」と思うはず。そんなときに役立つのが、望遠レンズだ。
    →続きはこちらから

    『写真家 井上 六郎の手軽に携行できる超望遠100-400mmで、飛び行く飛行機を撮る』
    遥か高空を飛び行く飛行機を見ていると、どこに行くのだろうか、あの先にはどんな街が待っているのだろうかと想像する。窓から見える景色、エンジンの音、機内アナウンス、座席ベルト…。
    →続きはこちらから

  • JANコード 【ニコン用】4960371006482
    【キヤノンEFマウント用】4960371006475
    希望小売価格 (税抜) 90,000円
    焦点距離 (mm) 100-400
    開放F値 (F) F/4.5-6.3
    最短撮影距離 (m) 1.5
    最大撮影倍率 1:3.6
    フィルター径 (φmm) 67
    質量(重さ) (g) 1,115 ( ニコン用)
    最大径x長さ (mm) φ86.2×196.5 ( ニコン用)
    【付属品】フード 丸型フード(HA035)
    【付属品】ケース なし
    【付属品】三脚座 なし
    ※別売三脚座…A035TM